気管食道科


気管食道科ってどんなところ?

気管食道科は主に以下の疾患・症状についての治療を行っております。

異物(魚骨など)

 窒息

 胸やけ

 せき

異物

食物やそれ以外のものが空気の通り道である気管や肺に入ったり、食道の入り口や食道に詰まってしまい動かない状態となることが気道または食道異物です。


食物の場合

食物で最も代表的なものが「魚の骨」です。症状は痛みですが、とくに飲みこむときに痛みを覚えます。みえる部分であればピンセットなどで取ることも出来ますし、またうがいをすると外れて出てくることもありますが、ご飯などを丸呑みして飲み込んでしまうことは却って異物を奥に刺してしまうので避けて下さい。刺さった骨の部分から感染を引き起こし頸部膿瘍や縦隔炎といった重大な合併症を起こすことがあります。


食物以外の場合

食物以外では、入れ歯や歯の詰め物と言った歯に関連するものが、よく見られます。
そのほか見られる代表的なものは薬ですが、薬の粒そのものが大きくて飲み込みきれない場合と薬のパッケージ(PTP: Press Through Package)の場合があります。乳児の場合は硬貨、ボタン電池、おもちゃなどがあります。


飲み込んでしまったら

慌てずに、無理に飲み込んだりしないようにしてください。また、何を飲み込んでしまったかによって対応が異なります。電池などではレントゲンに写るためその後の診断に役に立ちます。魚の種類がわかれば、異物を探すときの参考になります。小さいお子さんの時は飲み込んだと思われるときの周囲の状況、床に何が散らばっていたか、おもちゃから電池が抜けていないか、などが重要な情報となります。お年寄りの場合、普段飲んでいる薬があれば、同じ薬を持ってきていただくと診断の参考となります。


まずは当院までご連絡ください。 TEL:0263-46-8881